未来の医療に望みを託す「コールドスリープ」…を金魚さんで

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをnewsingに追加 つぶやく


Goldfish血液や細胞の冷凍保存なんかにも利用されている「液体窒素」。
その中に入れられて凍結してしまった金魚が、水に戻されて蘇るという映像です。


http://youtu.be/wwolYFGM9pU

現在、クローン技術や医療の進歩を期待して亡くなった人やペットの凍結保存は行われているようですけど、そのうち生きている人間をコールドスリープできるようになるんでしょうかねぇ。

人体冷凍保存(じんたいれいとうほぞん、英: Cryonics)は、未来の医療技術で蘇生できることを期待して、人の遺体を約-196℃の液体窒素下で冷凍保存すること。
現在の医療技術では治療不可能な病気や怪我でも、それが可能になったころ蘇生させ治療しようという考え方である。

ただし実際には、人体に含まれる水分が冷凍されることで膨張し細胞膜等を破壊してしまう等の問題があり、単に遺体を冷凍しただけでは、解凍したとしてもその人体を蘇生させることは困難である。そのため「水分を事前に何らかの方法で不凍液などに置換し、冷凍時における細胞膜の破壊を防ぐ」などの技術が模索されている。いまのところ「解凍後にナノテクノロジーの応用で細胞膜を補修する」といった未来の技術発展を期待した試みである。

出典:人体冷凍保存(Wikipedia)

トラックバックURL

コメントをどうぞ

コメントはまだありません

  • コメント by Poncots

    Poncots

    コメント、マッテマス。

コメント投稿について

個人が特定されるような情報や誹謗中傷は書き込まないでください。
コメント掲載後でも、不適切と判断した場合は予告無く改変または削除する場合があります。
メールアドレスの入力は必須ではありませんが、Gravatarに登録済みアドレスの場合はアバターが表示されます。



タグクラウド