古代のプレデター「シファクティヌス」のリアルな等身大模型ができるまで


シファクティヌスアメリカ・ネブラスカ州のヘイスティングス博物館に展示されている、65万年前の肉食魚「シファクティヌス」の等身大模型。
その制作過程を撮影した映像です。

アーティストはGary Staab(ゲイリー・スターブ)さん。
スターブ・スタジオを率いる、復元模型制作の第一人者だそうです。


http://youtu.be/Jla2g1iM8tE

シファクティヌス(Xiphactinus)


http://youtu.be/dcj9x0QKU_o

体長は約4.57- 6.10m (約15-20ft)に達する大魚である。口腔に夥しい数の細かく鋭利な歯を有し、歯列は不規則である。イクチオデクテス亜科の特徴として、口は非常に大きく開くことが可能であった。その顔貌から「ブルドッグ・フィッシュ」と形容されることがあるが、これもイクチオデクテス亜科に共通する特徴である。

また、流線形の体と幅広の尾の相乗効果により、遊泳速度は最高時速60kmに達し、水面から飛び跳ねることも可能であったと考えられている。従って成魚のシファクティヌスはほとんど捕食されなかったと考えられる。大型のサメやモササウルス類に攻撃されたとしても、十分に逃げ切るあるいは反撃することもできたと考えられる。

極めて捕食性が高く、俗な表現ながら、「海のギャング」という点において獰猛な肉食性のサメ類に比肩したほとんど唯一の硬骨魚類である。

出典:シファクティヌス(Wikipedia)

2012年2月8日11時51分

トラックバックURL

コメントをどうぞ

コメントはまだありません

  • コメント by Poncots

    Poncots

    コメント、マッテマス。

コメント投稿について

  • 個人が特定されるような情報や誹謗中傷は書き込まないでください。
  • コメント掲載後でも、不適切と判断した場合は予告無く改変または削除する場合があります。
  • メールアドレスの入力は必須ではありませんが、Gravatarに登録済みアドレスの場合はアバターが表示されます。