1908年にドイツで特許を取得、航空撮影を可能にした伝書鳩用スパイカメラ


鳩カメラドイツの薬剤師Julius Neubronner氏によって開発されたカメラ。
もともと、薬を配達させていた伝書鳩の行動を確認するために思いついたんだとか。

なんだろう…けっこうカッコイイです。
こんなのが空を飛んでいたらちょっと感激しそう。

飛行中の伝書鳩カメラ

シャッターを切るタイミングなんですけど、街に近づいたハトが降下し始めたときの気圧の変化を利用して露光する仕組み…
ということなのかな。

ハト

航空写真1

航空写真2

スパイ鳩

この他の写真は以下のリンク先でどうぞ。

2012年10月8日21時56分

トラックバックURL

コメントをどうぞ

コメントはまだありません

  • コメント by Poncots

    Poncots

    コメント、マッテマス。

コメント投稿について

  • 個人が特定されるような情報や誹謗中傷は書き込まないでください。
  • コメント掲載後でも、不適切と判断した場合は予告無く改変または削除する場合があります。
  • メールアドレスの入力は必須ではありませんが、Gravatarに登録済みアドレスの場合はアバターが表示されます。